【ふるさと割】 サイズ:XL(61-62cm) ヘルメット 白] [V-クロス4 V-CROSS4 オフロードヘルメット アライ 【在庫あり】Arai-その他

【ふるさと割】 サイズ:XL(61-62cm) ヘルメット 白] [V-クロス4 V-CROSS4 オフロードヘルメット アライ 【在庫あり】Arai-その他!





サイズ:XS(53-54cm)
サイズ:S(55-56cm)
サイズ:M(57-58cm)
サイズ:L(59-60cm)

※リンク先に商品がない場合、すでに完売している商品となります。予めご了承ください。

■商品番号
W-49-4530935390830

■JANコード
4530935390830

■商品概要
・バイク用ヘルメット
・MFJ公認
【カラー】ホワイト
【仕様】
帽体:PB-cLc (ペリフェラリー・ベルテッド・コンプレックス・ラミネート・コンストラクション)
内装:ハイフィッティング冷・乾内装 (オプションにて調節可能 - 特許)/FCS


サイズ:XL(61-62cm)

■詳細説明

ヘルメットの最大の機能は、頭を守る安全性能。
R75に代表される「滑らかなRを連続させる安全設計」というアライの基本理念を全て取り入れながらも、MXライダーの集中力を妨げない機能を追及し、闘志溢れるアグレッシブなスタイリングを融合させて生まれた本格的オフロード用ヘルメット「V-CROSS4」です。
EYEPORTアイポート側部には、ゴーグルを固定するための《ゴーグルロケーター》を設置。
また、アイポート上部には、ゴーグルとヘルメットが密着しないように隙間をつくり、ベンチレーション効果をアップさせている。
AIRDUCT
エアースルー形状のディフューザー・排気ダクトは、排気効率を向上させるとともにメンテナンスも容易にした。《VAトップリアダクト》は、ネジ1本で取り外し可能で、ゴーグルバンドストッパーの役目も担う。VISORVクロス3よりも14ミリ長く、5ミリ幅広くして飛来物へのプロテクションを向上させた《Vクロス4バイザー》。
面積増分のあおりは、開口部を広げ軽減し、形状は泥はけを良くさせるため、サイドに角度をつけている。
MOUTHDUCT
安全性を重視し、シェルの外側に配置された《VAマウスカバー》は、万一の際に飛ばされる構造としている。さらに、取り外し可能な《VAインナーシャッター》を内側に配置。
エアー流量も調節可能にした。INNER新たに、取り外しができる《Vクロス4システムネック》を新設計。
内装すべてが取り外し可能となった。
また、エマージェンシータブを改良。
第三者の目に付く位置に、常に一定の長さで見えるようにしている。

ARAI 「V-CROSS 4」 プロモーションビデオ




※在庫の状況は2018年11月9日 16:19現在のものです。

症状が重いと、どれだけ重ね着をしても手足が温まらない、
布団に入っても手足が冷たくて眠れない、という状態になってしまいます。

ウインドジャマーズ シグナスX マフラー本体 スクデット・パイプ WJ-S 280mm サイレンサー仕様 A/Fセンサー付き カーボン

【ふるさと割】 サイズ:XL(61-62cm) ヘルメット 白] [V-クロス4 V-CROSS4 オフロードヘルメット アライ 【在庫あり】Arai-その他

冷え性の原因は、大きく分けると以下の2つに分類されます。

サイタニヤ サイドアーマー/ピュアブラック/パープル フォルツァ(MF08) -05 《サイタニヤファクトリー 3HFOSS02-A-B1P》

つまり、簡単に言えば「体を温めて」「末端まで血液を届ける」ことが
できれば、冷え性は改善されるということですね。

【ふるさと割】 サイズ:XL(61-62cm) ヘルメット 白] [V-クロス4 V-CROSS4 オフロードヘルメット アライ 【在庫あり】Arai-その他?

冷え性が改善されない、と悩んでいる女性は、
何かしらの冷え性対策をしている方がほとんどです。

でも、その冷え性対策、実は逆効果になっているかもしれません。

レーシングスリップオンショットガン ステンレス GP-LOOK仕様 TRICK STAR(トリックスター) ZX-6R(09~10年)
×「夜は靴下を履いて眠る」

一見効果がありそうなこの2つは、実は冷え性を悪化させる
場合もある、やってはいけない冷え性対策なんです。

夜は靴下を履いて眠るとなぜダメなのか?

【ふるさと割】 サイズ:XL(61-62cm) ヘルメット 白] [V-クロス4 V-CROSS4 オフロードヘルメット アライ 【在庫あり】Arai-その他!

アエラ R1200GS アルミ可変ハンドルバー BMW R1200GS LC(13~) グリーン

先ほどの「熱いシャワー」「夜の靴下」がなぜNGなのかも、
しっかりとその理由が理解できるようになるはずです!

⇒冷え性を改善するための7つの方法